SHOP NEWS

SUP
2020.05.23 UP DATE インフレータブルSUP お探しならこれ!

 

こんにちは、ゲンキです。

昨日、Kindle unlimitedはじめました。

僕は本が好きなのですが、物が家にたくさんあるのが嫌いなのでKindle最高です。

家の中が読んだ本でかさばることもないし、買いに行かなくてもすぐに読みはじめられるし。

読みまくります。

 

 

 

 

さて、本題に戻ります!

本日は、今おすすめのインフレータブルサップのご紹介!

 

 

セカンドボードや、何度かSUP体験・スクールを受けたことがる人の一本目に絶対的におすすめなのが

 

【PEAKS5 × KanekoKenny】 インフレータブル SUP サップ MAKAI 14'0ft

 

 

 

 

とにかく気持ちよく漕げるモデル。

SUPというと水の上に浮いていて、のんびり時間を過ごす非日常感ばかりフォーカスされがちですが、

やっぱり一番の醍醐味は水面を滑るように進むことの気持ちよさだと思います。

 

 

 

 

 

この気持ちよさを味わうのにはボード選びが非常に大切。

キャンプ場や、SUPスクールなどでよく見る、いわゆるオールラウンドボードでは水面の滑走は十分にできないんです。

ツーリングボードと言われる細ながい中長距離を漕ぐ前提でデザインされているものがおすすめ。

 

 

 

今回紹介したMAKAIですが、こちらはツーリングボードよりさらなる直進性を高め、

至極の滑走を実現できるレースボードと言われるジャンルでもあります。

滑りに関して言えば、どのタイプのボードよりも優れています。

 

 

 

 

 

 

このMAKAIがおすすめな理由は、1本でSUPの全てを楽しめる贅沢なスペックだからなんです!

 

 

 

の〜んびり漕いで、水上での時間を愉しむクルージングはもちろん。

 

あの有名な観光スポットを海から見てみよう!といった少し距離を漕ぐツーリングも。

 

運動がてらレースに出てみるか。もちろんOK!

 

波に乗りたい! 実はロングボードでも乗りづらい小波も乗れちゃうレースボード。

 

釣りもしてみたいな〜。 レースボードでただ漕いでいるだけのトローリング。

 

お子さんを乗せたタンデムなんてのも最高ですよ!

レースボードのスピード感はお子さんの大好物!

 

 

 

 

と、全部できちゃうMAKAI。

スタッフも結局使うのはレースボード。

この汎用性の高さをしってしまうと、もう他のタイプのボードには戻れませんね。

 

 

MAKAI 14,0" PEAKS5 x Kenny Kaneko from PEAKS5 on Vimeo.

 

 

初めてSUPをする男性や、SUPが少し上手じゃないかもしれないと思っている方は 26インチの幅がおすすめ!

小柄な女性など、バランス感覚に自身がある!ってかたはめちゃ気持ちいい 24インチの幅!

 

 

 

MAKAIは期間限定で40%OFF!

とにかく安くなっている今がチャンス!

在庫も減ってきていますので、気になっている方はお早めに〜〜

 

 

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~18:00
定休日 : 水曜定休

Posted in Information By FAVUS