SHOP NEWS

SUP
2021.04.06 UP DATE 楽しいサップ体験のため、準備は万全に。

 

こんにちは、ひろみです。

昨日が入園・入学・入社式だった方も多いのではないでしょうか。

おめでとうございます!

新年度を目前に先週末の湘南も地引き網にお相撲さんにサーファーに賑やか、、

 

感染症対策をしながら、健康的で活動的な春にしたいものですね。

 



 

さて、密を避けたアウトドアアクティビティとして

大注目のサップ(SUP: Stand Up Paddle)ですが、感染防止以外にも

楽しく遊ぶための基本的な注意事項をご紹介します。

 

基本的には以下のようなこと。

1、準備運動

2、水分補給

3、浮力体

4、休憩中や使い終わった後は空気を抜く!

 

まずは、

1、準備運動

ゆったりツーリングのイメージがあるサップ。

結構準備運動を飛ばしちゃう人も多いかと思います。

でも実は全身運動。

下半身、肩周り、首までちゃんとほぐしてから水に入りましょう!

足の指もグーパー、足裏の感覚が結構大事です。

 

2、水分補給

まだ春だからと侮るなかれ。

「三寒四温」というように寒暖差が激しい春は

気づかずに脱水になっちゃうことがあります。

足をつる原因にもなるので、水分補給はこまめに!

人気のPEAKS5KOKUAサップはバンジーコードにマイボトルを挟んで水上に持っていけるので便利です!

 

 

3、浮力体

初めてサップを購入する際の必需品として

リーシュコードの重要性をご案内しています。

PEAKS5KOKUAサップセットにはリーシュコードが付いてくるので、とてもお得なセット!)

水の中に落ちてしまった時、自分とボードを繋ぐ命綱です。必須!

 

でも、実際に落ちてしまったら、、、

足の届かない深さで水に落ちちゃうって、初めての方は結構怖いと思います。

そんな時のために、持っておいて欲しいのが浮力体。

ライフジャケットより身軽に、でも緊急時にすぐに膨らむものを。

 

RESTUBE BASIC

紐を引っ張るとエアチューブが膨らみます。

イメージは飛行機の脱出時のあれでしょうか。

 

トライアスロンなどのウォータースポーツの公式パートナーにもなっているRESTUBE

水中で動きやすく、安全にも配慮した設計が嬉しいですね。

 

4、使ってない時は空気を抜く

サップはいわば、空気の入った大きい風船。

これからの時期、あったかくなると中の空気が膨張します。

最悪の場合は、中の空気が膨張し、圧に耐えられなくなったサップがバーストすることも、、

取り扱い通りに扱っていればそんな心配ありません。

水に浮かせている時は問題ありませんが、休憩中や使い終わった後は日陰におき、

空気を抜きましょう。

ペコッ。ってなるくらいは抜いときましょう。

特に夏場は砂浜やアスファルトは60度を越すことも。

私たちでさえ火傷しちゃう温度ですね。

 

上陸したらすぐにビーサンを履きたいってかたはこちらもバンジーコードへ。

どこにサンダル脱いだっけな〜、、って探すことがなくなります。

 

 

あったかくなってきてワックワクの時期

サップ楽しかった!と気持ちよく終わるために

安全に、そして十分に準備しましょう!

 

以上、ひろみでした。

 

 

 

 

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

 

 

 

Posted in Information By FAVUS