SHOP NEWS

BICYCLE
2017.06.08 UP DATE ハブに使われるベアリングの種類について

毎週木曜日のブログはピストバイクの雑学ブログ。

本日のテーマはハブのベアリングについてご紹介。

以前カスタムパーツでクランクの重要性を書きましたが、回転するパーツで

もう一つ重要なパーツがハブです。

 

ハブとはホイールの真ん中位置し、回転系のパーツとしては主役のような場所です。

ハブという言葉は自転車以外にも、ハブ空港とか誰々がハブとなって〜などなど

中心といった意味でも使われます。

 

ハブは回転するパーツということで、そこにはベアリングが使われていて

2種類のタイプが存在します。"シールドベアリング”と”ボールベアリング”です。

 

シールドベアリングとはその名の通り、ベアリングにシールがあり外からホコリや砂などが

入らないようにシャットアウトされています。

定期的にバラして手入れをする必要がなく、ほぼノーメンテナンスで使い続けることができるタイプです。

 

ボールベアリングとはシールドされていないので、定期的なメンテナンスが必要なタイプのベアリング。

そのかわり、回転性が良く競輪選手などはこちらのタイプを使用しています。

以前立川競輪場に行った事があり、選手がウォーミングアップする場所の一角に

車検に通らなくなったパーツが大量に捨ててあるのをみましたが、DURA ACEのハブやクランクが

山積みになっていたのを覚えています。

全然使えそうなパーツばっかりだったので、持って帰ろうかと思いました。

たまたま手に取った選手のDURA ACEHハブは恐ろしいくらい滑らかな回転性でした。

ホイールカスタムなどの際に1度は使ってみたい!そう思わせてくれるパーツでもあります。

 

ただハブを定期的にメンテナンスするのはなかなか手間やお金もかかり

毎回ショップに出す必要があるので、オススメはやはりシールドベアリングですね。

 

ちなみに完成車のカーテルバイクスのアヴェニューロウは

シールドベアリングを採用したハブを標準装備しています。

シンプルな見た目もそうですが、街乗りで長く乗っていただけるよう

パーツにもこだわった完成車ですので、是非オススメです。

 

CARTELBIKES  AVENUE LO GUNMETAL ¥89,640-(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in Information By FAVUS