SHOP NEWS

SUP
2017.06.19 UP DATE 海でサップをやる時は気象情報を必ずチェックしましょう!!

月曜日はHOW TOブログ!

ということでSUPの注意点を書いてみました!

 

空気で膨らませるタイプのインフレータブルSUPボードは、コンパクトに収納できて持ち運びが楽。

モールドボード(サーフボードのような固い素材のSUP)と比べ価格もリーズナブルで

浮力があるので安定感に優れ、だれでも簡単に水上散歩ができるとあって

年々ユーザーが増え、嬉しいことに今年もお店では多くの方が購入してくださっています。

 

ただ簡単に始められるのはすごくメリットなのですが、

SUPはあくまでアウトドアアクティビティであること、水辺のスポーツなので

状況によっては大きなリスクが発生することだけは絶対に知っておきたいところです。

 

出廷前に必ず風向きをチェックする。


 

みなさん普段でも出勤前に天気予報をみると思いますが、YAHOO天気予報を使っている人も多いかと思います。

そこには今日の天気の動向、降水確率など見れますよね。

ここまではみなさん普段見ていると思いますが

SUPを始めたら出廷前に必ず風の向きをチェックするようにしましょう。

 

サーファーの方が使う波情報アプリなどが一番詳しく風の向きが見れますが

とりあえずこのサイトなら無料で確認できるのでオススメです。

 

GOOGLE検索で『YAHOO 天気 釣り』と入れると、海岸などのピンポイント天気予報が見ることができます。

 

 

自分が行く場所をクリックしてみます。

例えばFAVUS前の海、本日の辻堂西海岸です。

 

12時の時点では北風が3mとなっています。

そのあと15時からはちょっと強くなり、風速4mです。

 

 

辻堂西海岸は南向きの海ですので、北風が吹くということは

陸から沖に向かって風が吹いているので、出廷時は比較的楽に出れて岸に戻る時に向かい風となります。

このオフショアといって岸から沖に風が吹いている時は特に注意が必要です。

 

4m以上吹くと戻るのが大変になってくるので、あまり沖に出ないようにして

戻りの体力はしっかり残しておくようにしましょう!

 

 

 

SUPを初めてやる時、まずは湖など波がない場所で、落ち着いてバドリングの練習をすることが大事です。

海であればできれば湾になっていて風が入りにくく

波も上がらないお台場海浜公園やのようなところで始めるのがいいでしょう!

 

 

また天気予報は前日でもある程度予想されているので

風の向きによって遊びにいく場所の選択肢はいくつか用意しておくのがベストです。

 

北風ならここ、南風なら別の場所といった感じです。

 

遠方の方であれば電話でも構いませんので

SUPの空気の入れ方や漕ぎ方、海での注意点をお気軽に聞いてくださいね〜。

 

 

Tags: タグ:
Posted in Information By FAVUS