SHOP NEWS

SUP
2017.07.20 UP DATE サップツーリングに慣れてきたあなたに!パドリングで体幹を使う!

昨日はお店が休みだったので、SUPでトレーニングしてきました!

 

最近気づいたのですが、SUPを勧めるあらゆるサイトを見ていると

水上散歩が気持ちよくて、体幹トレーニングになるので最適です!と必ず書かれています。

もちろんFAVUSのブログで僕も何度か書いています。

確かに不安定なSUPボードの上に立っているだけで、普段の生活では使わないあらゆる筋肉を使用し

バランスを取ろうとして、体幹を使っているのは間違いなさそうです。

でもSUPでもっとも体幹を使うのは、パドリングの"引き”のタイミングの時。

フォームをちょっと変えるだけで、SUPは今よりもっと体幹を使った良い運動になるので

ぜひ次回SUPに行った時に試して見てください。

 

この日はツーリングしているところを撮影してもらいました。

僕が漕ぐ時に意識しているのは以下の点です。

・パドルは水面に対して縦にまっすぐ入れる

・体から遠くにパドルを入れて、引くのは自分の体の横まで

・ストローク時は両腕は伸ばしたまま、曲げるのはパドルが水面から出て前に戻す時だけ

・パドリングに合わせて肩と腰を上手く連動させる。

・背中の大きな筋肉を使う意識を持つ

以上の点を気にしながらパドリングしてから、より全身を使った力強いストロークに

なってきた感覚があります。

 

 

また速く漕ぐにはパドルの長さもかなり重要です!

上の動画はツーリングに最適とされる身長プラス20cmの197cmです。

これだとストロークのピッチが遅く、またパドルの持ち替えがスムーズにできません。

下の動画では沖に出る時には182cm、岸戻ってくる時は177cm(身長と同じ)にセッティング。

色々試して見ましたが、身長と同じ長さが一番漕ぎやすかったです。

これは人それぞれかもしれませんが。。。。。

 

 

動画1と動画2では明らかに、動画2のストロークがスムーズでスピーディ。

力がもっとも必要な引く瞬間に、パドルの上を握る手の位置が顔の前に来るので力が入りやすいです!

あと海に出る時も、岸から走ったスピードが上手く使えてる気がします。。。。この練習が一番楽しいかも!

 

このようにSUPはのんびりパドリングしてゆったり水上散歩したり、ただ沖で浮かんで座ったまま

空を眺めているだけでも気持ちいいし、自分に負荷をかけてトレーニングしてもいいし。

その日のコンディションや気分によって、自分で楽しみ方を変えることだできる

ので誰でも長く続けられるアクティビティなのかもしれません。

 

家族を放置して、さらにビデオまで撮らせてこんなことをやっていたわけですが

このあとは僕ものんびりSUPタイムを楽しみました。

 

番外編!

1本持ってると重宝するスポンジボードのキャッチサーフ。

波がないこんな日でも、ボードに浮力があるのでSUPツーリングの合間にサーフィンも楽しめますよ。

FAVUSでも取り扱いがございますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。

夏になって海パンTシャツで海に入れるので、ぜひ波のない日はこんな感じで休日を過ごしてみては?

Posted in Information By FAVUS