SHOP NEWS

BICYCLE
2018.09.27 UP DATE 7と3と5でOK。

今日は9月とは思えない寒さになりました。

半袖で出勤したのが間違いでした(笑)

この寒暖差で風邪を引かないように手洗い、うがい、睡眠、しっかりやっていきます。

 

さて本題でもあるように「7と3と5でOK」ということで、

そう735が入荷しました!

日本で、というより都内でみない日ははないくらい人気のLEADER BIKES 735TR!

ストリートを最速で走るべく、開発されたいかついルックスの735。

今日は735の特徴をご紹介します!

 

まずはフレーム、LEADER BIKESのラインナップの中で一番太いフレームが735。

そして他のモデルに比べてトップチューブが長く、前傾を取りやすいためかなりスピードが出しやすいです!

 

フレームに目が行きがちですが、細かな配慮も735にはあるんです!

それがまず、ホイール。

前後でホイールの組み方が違うんです!

よくロードバイクなどでみられる仕様ですね。

フロントホイールは、ラジアル組みと言われる交差のしない組み方で、

軽量化を図っております!

なぜ軽量化されるかというと、交差しない分スポークの全長が短くなり、短くなった分軽くなるといったところです。

そしてリアホイールは3クロスのJIS組み!

3クロスというのは、文字通りリム側からハブ側にかけて3回交差しているということです!

JIS組みいというのは....簡単にいうと一般的な組み方です!(笑)

詳しく説明すると長くなるのではしょりました。

 

フロントが軽量化でラジアルにしているのになんでリアは3回も交差させるの?!

重くなるじゃん!

 

そうなんですよ、重くなるんです。

でもピストの醍醐味、固定ギアでのスキッドにはラジアルでは負荷が大きすぎるんです!

ホイールは一般的に、クロス数が多くなれば強度が上がりますので、リアには3クロスがいい!

 

そしてハンドルにも配慮が。

どこかというと、上ハンドル部です!

握る部分が楕円になっているので非常に握りやすい!

どんな方でもしっくりきます!

 

そしてこれは配慮というかわかりませんが、シーポスがエアロなので、センターが絶対に出る。

サドルの高さを変えるときに面倒なのがセンターを出すという作業。

しかしエアロシートポストは挿して止めればセンターが出る!

 

最後にもう一つ!

 

タイヤ幅が前後で違うんです!

フロントが23Cで、リアが25Cと太さに若干の違いがあるんです!

フロントが細いのはハンドリングが軽くなるからです!

そしてリアが25Cなのは、真相はわかりませんが、25Cは一番転がり抵抗の少ない幅と言われているので

採用されているのかもしれません。

 

以上が735の特徴です!

他にもたくさん特徴はあるのですが、書ききれないので

スタッフに聞いてみてください!

 

LEADER BIKES 735 TR BLACK

 

 

LEADER BIKES 735 TR WHITE

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
www.favus.jp

Posted in Information By FAVUS