SHOP NEWS

SUP
2018.11.19 UP DATE 西表島SUPフェスティバルに行ってきました!

先週末は西表島SUPフェスティバルという大会に行ってきました!

羽田から2時間で石垣島へ、そこから船にのって40分で西表に到着です。

この大会はエントリー開始から数分で定員締め切りになるほどの毎年人気のイベントです。

大会は二日間で行われ、1日目はハトマ島から西表島のワンウェイダウンウィンド6kmアイランドホッピングレース。

2日目はトゥドゥマリ浜スタートで海から川を回航する6kmレースです。

 

まずは初日のアイランドホッピング。

港に集合して、各自決められた船にボードを積み込んでハトマ島に向かいます。

西表島から少し離れたハトマ島はさらに綺麗なビーチが広かっていました。

 

ここから全員一斉スタート!

実際には風やうねりがほとんど無いフラットなコンディションで完全に漕ぎ勝負でした。

僕はスタートして最初は3位の位置でスタートし、500mくらいで2位に上がってそこからトップを追う形となりましたが

その差は縮まることなくちょっとずつ広がり、2分差で2位となりました。

トップの沖縄の吉田選手はトップパドラーとして有名な方だったので、なんとか食らいつきたい気持ちはありましたがまだまだ実力が足りませんでした。

それでも船にのって島から島へ漕ぐといった珍しいスタイルのレースだったで、すごく楽しかったです!

アイランドホッピングの上位3選手での表彰式です。

 

2日目はチャンピオンシップ6kmレース。

ビーチスタートして湾内のブイをまわってそこからマングローブ原生林のある川へ入ってビーチに戻る6kmコース。

気温も高く真夏のレースのみたいでした。途中少しだけ吹く風で多少回復できたので、それがせめてもの救いです。

ハイドレーションつけずに行きましたが、やっぱりあったほうがよかったかなと思うほど、途中きつかったです。

 

スタートはバッチリ決まって5位で第一ブイを回航、その後川に入る直前に前の選手を交わして4位に。

次のターゲットの選手に近づきたかったのですが、その差はほとんど変わることなく前半を終えました。

川はかなり浅くて何度も地面に付いてしまうほど。結構パドルを深く入れて漕ぐ方なので、正直川のセクション3kmはかなりきつかったです。

そのまま順位変わらず湾内に戻り、少しペースをあげてみましたが全体4位でインフレータブルクラス3位でフィニッシュとなりました。

1位は全日本選手権でも優勝しているスーパー中学生の田口くん、2位は昨日優勝の吉田選手でした。

僕よりも短い12'6ftのインフレとは思えないほどのスピードで、二人が完全にレースを支配していました。

特に優勝した田口選手がレース中に時折入れるダッシュは、後ろから見てても絶対真似できないなというスピードでほんとに素晴らしいです!

こちらは6kmの表彰式!僕が優勝したような感じになっちゃってますが、一番右の選手が田口選手です。

 

この大会はレースはもちろんですが、アウターパーティーが豪華で有名なのです。

なんとSUPの刺身盛りが登場!運営の方が釣った魚なんですが、美味しくてあっという間になくなりました。

 

ということでFAVUSチームも大健闘の2日間となり、今期最後のレースとなりました!

今年からSUPのレースに参加し始めて、レースを重ねるごとにたくさんのことに気づいて、練習方法もだんだん確立されて最後は4レース全てで表彰台に乗ることができました。

レースなのであくまで結果を追い求めてはいますが、究極の趣味という位置付けで楽しむことを大前提に参加しているのでレース中は多少辛いですが、旅全体は毎回すごく楽しくてまさに非現実的な体験をしている感覚です。

来年も3月からレースが始まるので、少し休んだらまた練習スタートしようとおもいます。

SUPはだれでも簡単に遊べるスポーツで、練習すればだれでも速くなれますし波にも乗れて楽しい遊びです。

FAVUSでは来年もチームで旅しながら、シーズン通してレースに参加しますのでぜひやってみたい方はお店に遊びにきてくださいね。レースは1kmや3kmなど2,30分でゴールできる優しい部門もかならずあるので、そんなに練習してなくても参加できますよ!

3〜5人で組むチーム戦もあるので、みんなでワイワイレースするのもありです。

ランニング始めるくらいの軽い気持ちでサップやってみましょう!

いい運動にもなるし、体も鍛えることができてなにより自然や海とダイレクトに向き合えるスポーツなので爽快感は格別ですよ!

Posted in Information By FAVUS