SHOP NEWS

SUP
2019.05.19 UP DATE SUPに必要なあれこれ。

ONE SUP SURF 10'0×30" ¥172,800-(税込)〜

 

初めてのSUPにとにかくおすすめな1本!

デザインもシンプルで、カラーバリエーションも豊富。

カラーによって格好良かったり、可愛かったり、男女関係なく選んでいただける。

フィンセッテイングでクルージングからサーフまで楽しめ、

安定感が高いので初心者の方にも難なく乗りこなせる。

グレードの低いPVCのモデルでも"軽っ"と思わずいってしまうコスパ最高のボード。

乗りやす〜いモデルなので本当におすすめです!

 

 

 

と、僕のお気に入りのボードの紹介はここまでとして(笑)

本日はハードボードでSUPデビューを飾る方に、必要なあれこれをご紹介。

 

 

まずハードボードはインフレータブルと違い、ボード単体で販売されていることがほとんど。

なのでパドルをボードと別に準備しないといけません。

単純に同じブランドのパドルでもいいし、デザインや性能で気に入ったものでもいいし、

カーボンでもアルミでも、とにかくパドルが必要。

 

 

次に必須なのがフィン。

こちらも基本的にはボードに付属しません。(メーカーによっては付属しますが)

フィンがないと進まないので忘れず手に入れましょう。

価格は素材、サイズなどによって様々ですが1~3万円程度。

 

 

もう一つ必要なのがリーシュコード。

自分と板を繋ぐ大事なアイテム。

クルージングでももちろん必須です!

3000円ほどからあるので揃えて置きましょう。

 

 

 

 

 

次はあったほうがいいもの。

ハードボードの弱点"レール"を守る隠れた功労者、レールテープ!

レールとはボード側面の部分で、パドルが擦れる場所です。

擦れ続けることによって、ボードの中身のフォームが振動で剥離していき、スレによって塗装が剥がれ

皮一枚となったところを最後にボコッと。

 

なのでレールを守るレールテープというものを貼ったほうが長持ちします!

安いもので3000円ほどで、いいものになると8000円ほどですかね。

壊れてリペアすることを考えると、多少高くてもいいものをつけておいたほうがいいです!

 

 

 

そして、もう一つより長持ちさせるためにはボードケースに入れること!

ハードボードを持つ方の多くは、外置きかと思いますが、

ハードボードは直射日光によって日焼けします!

さらには風の強い日などには飛散物もあったりと外は危険。

でもハードケースに入れておけば、様々な外的障害から保護してくれます!

こちらもブランド、サイズによって様々ですが15,000円〜30,000円ほど。

室内置きにしても外的障害は多く潜んでいるので、ケースに入れるのをおすすめします!

 

 

 

最後に持ち運びの際にあると便利なのがボードドーリー。

さすがのONE SURFの軽さを持ってしても手持ち移動は徒歩15分が限界!

SUPをする前に手が疲れてしまっては楽しめませんよね。

コロコロ転がしていけるドーリーがあれば移動も楽チン!

 

 

これらをそれえておけばSUPデビューもスムーズです!

最後に、ONE SUP SURF 10×30"はハードボードデビュー(オールラウンドボード)にとにかくおすすめです!

日本では珍しいブランドなので、そこもまたおすすめポイント。

店頭に実物がございますのでぜひ見に来てください!

 

Posted in Information By FAVUS