SHOP NEWS

SUP
2019.05.06 UP DATE PEAKS5 / ピークス5 SUP 2019年モデル選び方 インプレッション

 

今日はインフレータブルSUP"ピークス5"の選び方とインプレッションをお届け!

全5モデルあるPRAKS5のSUPからどれを選ぶのが最適なのか、実際に乗り込んでいる私の経験も踏まえてお伝えしたいと思います。

 

 

 

PEAKS5 AOLANI 10'6ft (アオラニ)


PEAKS5 ブランド創設からマイナーチェンジを続けながらもトップモデルとして販売されている"AOLANI"

これまで最も多く販売され、毎年人気のモデルです。初めてのSUP購入で迷ったら、まずこれを買えば間違いない1台です。バランスの取れたオールラウンドボードという表現がもっとも似合う、そんな感じです。2019モデルより新カラー レイクブルーがラインナップに追加。2019モデル早期予約ではダントツの予約数、ユニセックスなカラーリングで幅広い方にお選びいただけるかと。

 

特徴

・ボードの体積が300Lありクルージング時の安定感が抜群!

・積載重量150kgまで対応なので、大人2人までツーリング可能!

・ノーズがある程度尖っていることで、クルージングがよりスムーズに!

・ボード浮力を活かし、超小波から波乗りが楽しめる!

 

インプレッション

まず乗ってみて感じるのが高い安定性。幅がしっかりあるので左右バランスが非常に良く体格の大きな男性が初めて乗ってもすぐにクルージングできそうです。

またノーズ形状が少し尖っていて、レースボードとオールラウンドボードの中間のような形状に。

クルージングの際に水を切り裂くように進むので、抵抗を感じることなくスムーズなパドリングに。

また大人2人が乗っても沈み込みはわずかで、カップルで乗るなら男性が強くパドリングすれば前に乗る女性も風を切るように水上を満喫できるので楽しませてあげれそうですよ!

私は体重15kgの娘を乗せてみましたが、茅ヶ崎から烏帽子岩間(およそ4km)もなんなく楽しめました。

女性の1人乗りクルージングがメインで購入される場合は、オーバーフロー気味ですのでもう少し浮力を落としたモデルがオススメです。※オーバーフロー ‥‥ 適正浮力をオーバーし、浮きすぎの状態のこと

 

 

 

 

 

 

PEAKS5 KUMU 10'0ft (クム)


海、湖、川と場所を選ばずさまざまなフィールドを漕ぐことができるオールラウンドモデル。

安定性をキープしつつ回転性と直進性を持ち合わせます。

幅は30インチとわずかに狭いですが、厚みを抑え、ラウンドノーズにすることでコンパクトながら安定感もあり初心者の方にオススメです。2019年モデルはカラーバリエーションが4色展開に。昨年好評で一番乗りに完売したカラー"カーキ"が今年も継続モデルとして登場。その他にも可愛く、かっこいい発色のピンクやライトブルーなど、新たにラインナップに追加されたカラーも人気が出る予感!

 

特徴

・ボードは210Lの体積で積載重量MAX110kgまで

・操作性に優れた幅30インチの設計

・厚みが12.5cmになっており、バランスが良く横風の影響も受けにくい

・オールラウンドボードではあるものの、10ftと女性でも持ち運び楽々

 

インプレッション

幅はAOLANIと比べ2インチ狭いのですが、12.5cmの厚みだと水面からでるボード面積が抑えられ思いの外安定感は抜群です。

左右に思いっきり揺らしてみましたが、浮力のわりに安定感はAOLANIと同等です。

さすがに大人2人はきついですが、お子様やワンちゃんくらいなら全然行けそうなのでキャンプアクティビティとして最適なのではないでしょうか?価格も10万円ちょっとと手が出しやすいのもGOOD!

空気圧12psiくらいで乗りましたが、体重70kgの私でもクルージング時のたわみは気にならず、パドルを強めるとスピードに乗ったクルージングができました。

たわみが少ないことで、波乗りもしっかりできましたよ!

体重45kg〜60kg前後の女性がオーバーフローを感じることなく1人乗クルージングが快適にできるでしょう!

 

 

 

 

 

KANALOA 11'3"ft (カナロア)


2019モデルより新登場のカナロア!

フラッグシップモデルAOLANIのアウトラインをそのままに、長さをサイズアップしたモデル。安定感をさらに追求し、長さが11'3ftあるのでひと漕ぎでの進みがアオラニ以上。漕ぎだしから次の漕ぎまで失速することなくスーッと伸びていく感じは虜になること間違いなし。クルージングはもちろんのこと、目的地を決めた中距離ツーリングまで。とにかく安定感を求める方には是非ともオススメしたモデル。

 

特徴

・ボードの体積が330Lありクルージング時の安定感が抜群!

・大人2が乗っても余裕の浮力なので、荷物を載せて少し遠出もできる!

・ノーズがある程度尖っていることで、クルージングがよりスムーズに!

・ボード浮力を活かし、超小波から波乗りが楽しめる!

 

インプレッション

まず乗ってみて感じるのがAOLANIを超える抜群の安定感。幅もしっかりあるのでバランスが非常に取りやすく、初めての方でもクルージングがすぐにできそうです。

またAOLANI同様ノーズ形状が少し尖っていて、なおかつ長さが11'3ftあるので抵抗を感じることなくスピードがスムーズに繋がります。

タンデムツーリングもできそうなくらいの進みの良さと、安定性を実感しました!

体格のいい男性でも、たわみを気にしないでクルージングができるでしょう!

 

 

 

MANOA 12'6ft (マノア)


ピークス5 ラインナップの中で最も快適な進みを実現するツーリングモデル。

極限まで抑えられたロッカー構造で、直進性がさらにUPし安定感も抜群。

レースSUPを彷彿とさせる尖ったノーズで水の抵抗を抑え、水面が荒れていてもガンガン進んでいきます。

昨年モデルより進化したのはデッキパッド。タイプの違う3つのデッキパッドを採用することで、様々なシチュエーションに合わせたボードコントロールが可能に。

 

特徴

幅も28インチあるのでちょっとでもSUPをやったことがある方なら、バランス気にせず乗れると思います。

SUPの幅が狭くなることで、パドルを入れる位置が体から近くなりさらに漕ぎやすくなります!

垂直にパドルを入れることができるので、よりまっすぐに力強いパドリングに!

 

インプレッション

SUPで遠出して見たい方、うねりから波に乗りたい方にオススメできるモデルがマノア。

幅が少し狭いとここまで漕ぎやすくなるのかと実感するはずです。

テストボードから乗っていますが、これまでなんども改良が重ねられロッカー形状やノーズ形状は初期の物とは大幅に変わりました。非常にポテンシャルの高いSUPであると自信をもってオススメします!

ボードが長くなると取り回しが難しくなりますが、ステップバックをすることで方向転換などスムーズにできるので、そちらはぜひ覚えておきたいテクニックですね。2019モデルよりデッキパッドのテール部にキックがあるのでしっかりと踏ん張れます。

また前側にバンジーが付いていて、荷物を積んでのSUPキャンプができますよ!

何よりこの形状が生み出す水流の良さは、誰もが感じるSUP本来の気持ち良さを実現してくれるでしょう!

まさに水上を滑るように散歩するならこのボード!

初めてのSUP購入の方から上級者まで誰もが一歩先のクルージングが楽しめますね。

 

 

 

 

KAHAHELE 11'6ft (カマヘレ)


ハワイ語で“旅人”という意味をもつKama heleは両サイドにアウターチューブを搭載し、3気室にすることで今までにない抜群の安定感を実現しました。

ノーズとテール部分にあるふたつのデッキトランクにより多くのギアを積むことができ、ツーリングからSUPフィッシング、SUP CAMPまで快適に楽しめるモデル。

 

特徴

・両サイドのアウターチューブでまさに落ちない、濡れないSUP!

・THE NORTH FACEのSUPキャンプで何度も実証済みの、荷物積載量と安定感!

・SUPフィッシングに最適!クーラーボックス、釣り道具など多くの荷物を海上へと持ち運べます。

 

インプレッション

これなら寒い時期の湖でのSUPフィッシングも、濡れずに快適にできるなといった感じです。

それくらい3気室になることで、安定感は増し、転ぶこともなくなります。

幅が広い分スピードが落ちるかなと思いましたが、ツーリングカヌーと並走して5kmくらい乗りましたが、おいていかれることもなくクルージング性能はまったく問題なしでした!

なんといってもこのボードの魅力はSUPキャンプ!お気に入りのギアを積み込んでこれまで体験したことのない領域のアウトドアが気軽に楽しめますね!

 

 

 

 

2019モデルのPEAKS5は昨年より進化し、より多くの方にSUPを楽しんでいただけるボード展開となっております!

5つのラインナップのご紹介でしたが何かご不明な点等ございましたらお気軽にご連絡ください。

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp

Posted in Information By FAVUS
Close