SHOP NEWS

SUP
2020.07.31 UP DATE 無敵のインフレータブルSUP

どうも〜ケントです

やっと梅雨が明けそうですね。

いよいよ夏がやって来ます!

 

夏といえば海!

でも残念ながら今年の夏は海水浴場がオープンしない、

という地域が多いのではないのではないでしょうか?

 

がっかりしないでください、我々にはSUPあります。

SUPであればソーシャルディスタンスを保ちながら海を満喫出来ます。

今年の夏の必須アイテムですね!

 

今日ご紹介するSUPはこちら

red paddle co RIDE 10.6×32

「無敵のインフレータブル」

と自ら豪語するほど耐久性と剛性に自信があるようです。

 

10.6×32という安定した形状なので、

二人乗りやフィッシング等にも向いています!

 

レッドパドル独自のタイタンポンプは簡単にボードを膨らますことが出来ます。

バッグはキャスター付きなので簡単に持ち運び可能です。

インフレータブルをお買い求めのお客様で耐久性を気にされる方は非常に多いです。

長く使いたいのであれば、ショッピングサイトなどでよく見かける安過ぎる商品はお勧めできません、、、

良いものを長く使うことでコストを抑えるべきです!

 

今朝はお客様がこちらのボードを見に訪れてくれました。

店頭に展示しておりますので是非お越し下さいませ!

店頭在庫は数少ないのでお早めに〜

 

それではまた!

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

 

 

red paddle co 10'6" RIDE MSL

red paddle co 10'6" RID

red paddle co 10'6" RIDE MSL

red paddle co 10'6" RIDE MSL

Posted in Information By FAVUS
Close
SUP
2020.07.21 UP DATE どのブランドのSUPがいい?

こんにちは、ケントです!

 

SUPを始めたいけどどのブランドが良いのか分からない!

という人は多いと思います。

分かります、その気持ち。

そんな方々の為に、、、

厳選したSUPブランドを一気に紹介していきたいと思います!

情報量が多くなってしまうかもしれませんが

是非最後までお読み下さい!

 

はじめに簡単な自己紹介をさせて頂きます

現在大学4年生で、ONE SUP JAPANのライダーとしてSUPのレース競技に取り組んでおります

過去に全日本選手権で5位になった経験があります!

過去の記事

 

それでは弊社が取り扱っているブランドの紹介をしていきます!

 

ONE Ocean Sports

まずは僕が普段から乗っているONE Ocean Sports から!

主にレースボードの開発に力を入れているオーストラリアのブランドです。

ボードの色をカスタム出来るのが最大の特徴!

中空構造の軽くて耐久性のあるボードもあります。

僕がレースボード初心者の皆さんにオススメしたいボードは

EVO PRO 2.0 HOLLOW です!

PEAKS5

こちらは弊社が取り扱っているインフレータブルSUPブランドです!

空気で膨らますインフレータブルは持ち運びが容易なので、

海だけでなく湖や川などいろんなフィールドに持って行きやすいです

ツーリングボードからレースボードまで幅広く取り扱っております!

STARBOARD

こちらはSUPのみならずウィンドサーフィンでも有名な世界的ブランド

インフレータブル、SUPサーフ、レースボードどのボードも一級品です!

red paddle co

無敵のインフレータブル

と豪語するほど品質に拘ったブランド。

9'6 compact は世界最小パッケージとして人気の商品です!

SIC

数々のボードが様々な部門でGEAR OF THE YEAR という賞を受賞しています

それだけ多くの人にとって乗りやすいボードを開発しているという事ですね!

駆け足で紹介しましたが、乗りたいボードは見つかりましたでしょうか?

Instagramdでも様々な商品を紹介していきますので、フォローお願いします!

当店にお立ち寄り頂ければスタッフが皆さんの質問にお答えします!

 

最後まで読んで頂き有難うございました!

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

Posted in Information By FAVUS
Close
SUP
2019.08.19 UP DATE インフレータブルSUPをできるだけ長く使うために。

 

暑い日が続いていますね〜。

 

マリンスポーツハイシーズンの夏、家族や友人とレジャーを楽しむのに最適なSUP。

中でも容易な持ち運びや保管スペースの取らないインフレータブルSUPをこの夏から始めた方は多いのでは?

 

当店でもたくさんの方がインフレータブルSUPデビューしました!

 

そんなインフレータブルSUP、最近では安価なものも多く販売されていますが

しっかりとしたものはまだまだ安いとは言えないお値段。

 

 

せっかく買ったサップをなるべく長持ちさせたい。

誰もがそう思いますよね。

 

今日はインフレータブルサップの長持ちのさせ方をご紹介!

 

 

サップを使い終わった後のお手入れ方法。

 

使ったら海だろうが川だろうが湖だろうが関係なし。

必ず真水でボードを洗い流しましょう。

 

汚れがひどい時は濡れたタオルなどでふき取るようにしましょう。

 

 

洗ったら直射日光を避け、涼しい場所でしっかりと乾かします。

日差しに当てっぱなしにすると乾きは早いですが、ボードの空気圧が急上昇してバーストの原因となりますので必ず直射日光は避けましょう。乾かす時はボードの空気圧を下げておくといいですよ!

 

デッキパッドが完全に乾いたらOK!

生乾きのままだと嫌な匂いが残るので、しっかりと乾かします。

 

 

乾いたら折り目をつけずに丸めるように仕舞います。

 

 

これで使用後のお手入れはおしまい。

連日使う予定でも水洗いの習慣はつけておいたほうがいいですよ!

 

 

 

 

今度は保管方法。

インフレータブルSUPは必ず複数枚の生地で構成されています。

その生地をくっつけているのはノリであったり熱圧着だったりします。

こういった構造上、長期間畳んだ状態での収納は避けたほうがいいです。

 

一年バッグに入れたまま収納していると、生地にクセがつき接着部に負荷がかかります。

この負荷が大きいと生地の浮きに繋がり、ハイシーズンで使用しようと思ったらスローパンクで修理が必要に。

 

 

これを避けるためには定期的に生地を伸ばしてあげることです。

 

可能な方は3、4ヶ月に一度ある程度形になるまで空気を入れたボードを涼しい部屋や直射日光を避けたな所に半日ほど置いておき、シワを伸ばしてあげましょう。

 

このお手入れをするとしないとではオフシーズンでのボードへのダメージが大きく変わります!

 

とても大事な作業。

 

 

 

この簡単な作業たちを都度行って大事なサップを長持ちさせましょう!

 

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

Posted in Information By FAVUS
Close
SUP
2019.07.16 UP DATE SUP(サップ)初心者のボードの選び方

 

 

これからSUP(スタンドアップパドル/サップ)を始めようと考えている方、

各メーカーボードラインナップが豊富すぎて

どのモデルが自分に合っているか探すのが難しいですよね〜

 

 

 

そこで本日は自分に合ったボードの選び方をご紹介!

ぜひこれから紹介する選び方の順序で、自分に合ったボードを見つけてください!

 

 

1、使用目的は決まっていますか?


まず、買い物をする前提には使用目的がはっきりしていないとなかなかどれを買ったらいいかわからないと思います。

 

例えば車を買うときに、

 

家族で車で旅行に行ければいいなぁ。

と考えていれば、ファミリーカーを選ぶことはできます。

 

SUPもそこは同じで、どういう使い方をしたいのかをまず決めないといけないのです。

 

 

そこで頭を悩ませるのが、SUPは一体全体どんな使い方ができるのか。

 

大きく分けると2種類、のんびりクルージングとテクニックが必要なサーフィンやレースなど。

 

 

多くの方がクルージングかと思います。

 

クルージングの中でも種類が分けれて、

 

①1人であまり距離を漕がないクルーズ

②少し距離を漕ぎたいツーリング

③家族や友達と一緒に乗りたいタンデムクルーズ

④キャンプや釣りで使いたい

 

だいたいこの4つに分かれてきます。

 

まず自分がどんなイメージで使いたいかを明確にしましょう。

 

明確にできたら次のステップ。

 

 

 

 

2、保管や持ち運びの環境はどうですか?


使い方が決まったら、今度はボードタイプをきめていきます。

 

SUPにはインフレータブルとハードボードがあり、多くはこの2択から選びます。

 

それぞれの特徴はこんな感じ、

 

 

 

インフレータブルは空気で膨らむタイプ。

保管、持ち運びにはインフレータブルは最適。

マンションに住んでいる方や、旅行先での使用がメインの方はインフレがオススメ!

 

もう一つはハードボードタイプ

インフレータブルとは違ってサーフボードのようにフォームと言われる素材の硬いボード。

インフレータブルは畳むことができますが、ハードボードは形を変えることができないので

保管場所が確保できないとなかなか所持は難しい。

でもハードボードはインフレータブルより安定感が高いものを作ることが容易で、

インフレータブルのように経年劣化での故障も少ないので、使い方次第では非常に長く使えます。

 

 

ハードボードを置けるスペースをお持ちの方は、ハードボードがオススメ!

 

使用場所が旅行先の方や、保管場所があまりない方は、インフレータブルがオススメ!

 

 

 

3、サイズを決めよう!


使い方、ボードタイプがきまったらやっとサイズ選び!

 

サイズもたくさん合って見方がよくわからない方が多いかと思います。

 

まず、サイズチャートの基本的な読み方をご紹介。

・Length (レングス) : 長さ

・Width (ワイズ) : 幅

・Thickness (シックネス) : 厚み

・Volume (ボリューム) : 浮力

 

この4点を理解すればだいたい読むことができます。

 

これからSUPを始める方は

 

Length10'0ft以上のものがオススメ!

 

そしてWidthは30"以上

 

Thicknessは5"以上

 

これでたくさんあるモデルの中からかなり絞ることができたかと思います。

 

 

さらに深く掘り下げて行くと、

 

Length、長さが長くなればなるほど、直進性が高くなり、一漕ぎでの進みが大きくなってきます。

A点からB点までの速さを競うレースボードは12'6ftや14'0ftほどの長さがあり、とにかくスピードが早い!

なのでツーリングをしたい方、距離を漕ぎたい方は11'3以上はあると快適ですね。

 

 

そしてWidth、幅が大きくなると安定感が高くなります。

幅の細い板の上と、太い板の上では安定感が変わってきますよね。

それと同じで、幅が広い方が安定感は高くなります。

クルージングやツーリングなら30~32”、タンデムやキャンプ・釣りなど積載物が多い場合は32~34"くらいあると安心。

 

 

次にThickness、厚みが大きくなるとこれも安定感に影響してきます。

イメージ的には、同じ大きさの木の板があるとします。

1個は極薄、もう一個は十分な厚み。

これを水面に浮かべ、その板の上に同じ重さのものを乗せた時に

不安定なのは、もちろん極薄の方。

つまり、厚みが適度にないと水面に浮かべた時に安定感が生まれないのです。

だいたい初心者が安心して乗れるのは5~6"くらいの厚み。

 

 

最後にVolume、浮力です。

その板の積載可能量を数値化したもの。

体重や、積載物がわかっていればここからボードを選ぶのもありです。

 

 

 

 

 

1で明確にした使用用途に合ったサイズはこんな感じ。(あくまで一例です。)

 

①1人であまり距離を漕がないクルーズ →Length 10'0 / Width 30" / Thickness 5"   : オススメモデル Peaks5 KUMU

②少し距離を漕ぎたいツーリング →Length 12'0 / Width 33" / Thickness 6" : オススメモデル Starboard 2018 Atrla zen

③家族や友達と一緒に乗りたいタンデムクルーズ →Length 11'3 / Width 32" / Thickness 6" : オススメモデル Peaks5 KANALOA

④キャンプや釣りで使いたい →Length 11'3 / Width 36" / Thickness 6" : オススメモデル Peaks5 KAMAHELE

 

 

 

これで自分に合ったボードは見つけられましたか?

 

よくわからなかった方は下のLINEからお気軽にお問い合わせください!

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

Posted in Information By FAVUS
Close
SUP
2019.07.14 UP DATE 憧れのマリンスポーツ、おすすめはSUP!

 

夏休みを目の前に、なかなか夏らしい天気が訪れませんが、

そろそろ梅雨明け!

 

ということもあり、今年こそマリンスポーツをやるぞ!と意気込んでいる方もいるかと思います。

夏のボーナスでここは1つ、新しい趣味を初めてみよう!と。

 

でもマリンスポーツといってもたくさんある...。

どれがいいいのだろう...。

 

 

サーフィンはかっこいいけど、敷居が高そう。

ウィンドは初期投資が高そう。

ジェットスキーは保管どうしよう。

などなど。

 

 

そこでおすすめなのが、SUP(スタンドアップパドル)。

その名の通り、立ってパドルをする。

水面を滑るように進み、水上散歩ができるのが一番の特徴!

 

 

SUPはマリンスポーツの中では敷居がとても低く、

初心者の方も多い!

 

 

そして最大のおすすめポイントは、誰でもすぐにできる!

サーフィンやウィンドは楽しめるまでなかなか時間が必要。

 

でもSUPは始めたその日にできちゃう!

本当にできちゃいます!

 

 

 

そして、SUPには空気で膨らむ”インフレータブル"と、

サーフボードのようにフォームでできている硬い"ハードボード”と言われる2種類のタイプがあり、

 

インフレータブルは簡単にいうと、大きな浮き輪。

なので空気を抜けばぺたんこになるので、持ち運びや保管が楽!

 

 

これからSUPを始める方はインフレータブルがおすすめ!

 

 

 

そしてそして、

最後に言いたいことは、SUPはどこでもできる!

サーフィンは波が無いとできない、ウィンドは風が無いとできない。

 

SUPは30cmくらいの深さの水たまりでもできちゃう!

海はもちろん、川、湖と。

この画像は藤沢辻堂市民の憩いの場、辻堂海浜公園で毎年6月上旬に開催されるワンカリでSUP体験を開催した時のものです。

浅さは膝上くらい。

公園によくある池です。

こんなところでもできたりします!

※行ってみたい場所が、SUPを使用可能かどうかは各自治体に確認の上おこなってください。マナーを守って楽しみましょう!

 

とにかく使用環境に縛られないので、いろんな発想でいろんな遊び方ができます!

 

 

夏はもう目の前、

 

今年は修行の年と思って、サーフィンやウィンドを始めるのか、

それとも、始めたその日からマリンスポーツを存分に楽しめるSUPを始めるか。

 

 

 

 

インフレータブルSUPでおすすめは、当店一番人気。

PEAKS 5 (ピークス ファイブ)

 

中でも初めての方には、これさえ持っていれば間違いなしなモデル

PEAKS5 2019 AOLANI BLACK ¥139,000-(税込)

 

 

店頭には実物がございます!

気になった方はぜひご来店ください!

 

友だち追加

『FAVUS(ファバス)』

住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸2-1-12
電話:0466-54-7228
メール : info@favus.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

 

Posted in Information By FAVUS
Close